実録!過払い請求

法務局で代表者事項証明書を取得する際に提出する「登記事項証明書交付申請書」の記載方法を説明しています。なお別途、登記印紙1,000円が必要。

代表者事項証明書の交付申請書の書き方

代表者事項証明書は、法務局で取得します
法務局に行かなくても法務省のオンライン申請システムを利用するという方法もありますが、ソフトのインストールや電子証明書を事前に取得しておかなければならないなど、手続きが煩雑なので法務局へ直接行くことをオススメします。

法務局へ行くと、何種類かの申請書が備え付けられています。
その中で、「登記事項証明書交付申請書」を探してください。(紫色の用紙です。)

書き方は、下記を参考にしてください。
※画像をクリックすると、大きくなります

代表者事項証明書を取得する際の登記事項証明書交付申請書の書き方を説明しています。申請者の氏名・住所、相手方の名称・住所を記載し、代表者事項証明書の項目にレ点をつけて必要枚数を記載。登記印紙をはりつけます。

武富士の代表者事項証明書を取る場合の記載例

管理人は、武富士に対して過払い請求を行っているので、武富士の代表者事項証明書を取得しました。その時、記載したものをサンプルとして紹介しておきます。

記載した内容は2010年4月8日のものです。
今後、本社移転などで記載する内容が変わる可能性はゼロではありません。
必ずご自身が公式ホームページで調べるようにしてください

武富士の代表者事項証明書を取得した際の記載例をサンプルとして紹介します。

交付申請書への記載が終わったら登記印紙700円分を所定の位置(用紙の右端)に貼りつけて受付に提出します。
登記印紙は法務局内で販売しています