実録!過払い請求

契約書を作り直したが、あくまでも一連取引を主張。カードの発行区分が「既存」になっている点を指摘してみました。

カードの発行区分が「既存」だったから・・・。

契約書を作り直した記憶が正直ありません。
が、コピーがあるということは作り直していることは間違いないわけで。

けど、契約の組み替えではなく、カードを紛失したときがあって、それでカードの再発行を依頼したときの話じゃないかなぁという、なんとも曖昧なお話。

さて、契約書とカード申込書を確認してみると確かに武富士が主張する第四回の取引前のものでした。ただよく見るとカード申込書の発行区分が「既存」となっていたので、とりあえずコチラの主張として、

  • 「既存」って書いてあるんだから新規契約扱いではなく、従来の契約の延長線上にあるもの。
    つまりは一連取引を相手方も認識してたはず

と、いうことだけ準備書面にして提出しました。

裁判官は、武富士の担当者に

「これに対して、反論はありますか?」と質問をしたのですが、

担当者曰く、

本社に確認をするので続行でお願いします。」 と。

結局、さらに続くことになりました。