実録!過払い請求

第一回目の口頭弁論期日ですが、武富士は出席せず、答弁書を提出して擬制陳述。次回の口頭弁論期日は先延ばしされるのはイヤなのでごねました。

はじめての口頭弁論の日

今日は、朝から裁判所へ。
第一回目の口頭弁論の日だからです。
ちなみに過払い請求を手伝ってくれている友達も一緒です。

裁判所に行って最初にしたことは武富士からの答弁書を受け取ること。
前日までに郵送で送られてくるものだと思っていたのですが、届かなかったので、係の人から直接、受け取りました。

記載内容をポイントをピックアップしてみると以下の通りです。

  • 一連取り引きと認めない
  • 最初の方の取り引きについては、消滅時効の援用
  • 悪意の受益者ではない
  • その他の主張は次回、口頭弁論期日で主張・立証する

武富士の主張の一つである、一連取り引きとは認めない。
確かに思い返すと、一度、契約書を作り直していることがあったような、
なかったような。。。

とりあえず、傍聴席で待機することに。

友達からのアドバイスは、以下の通り。

  • 質問をされたらムリに答えず、次回までにまとめてきますと伝える。
  • 武富士は、第二回目の口頭弁論期日を2ヶ月ほど先を希望してくるからできるだけ早めにと裁判官に伝えて、できれば1ヶ月内でやれればOKかも。

さて、いよいよ口頭弁論の開始です。