実録!過払い請求

一連取引を主張してるのですが、今までに契約書を作り直したことがあるかを裁判官から聞かれていたので武富士に確認を取るため電話をしてみました。

契約書を作り直しの有無を武富士に電話で確認。

第一回口頭弁論のでは、管理人の過払い請求に対し、武富士側の答弁書で、管理人が一連取引として計算しているが、4つの別個の契約であり、一部が消滅時効にかかるはずだという主張をしてきました。

この点について、裁判官から次回までに

  1. 契約書を作り直したことがあるのか
  2. 一連取引の件で主張をまとめる

上記2点について、まとめてくるように言われていました。

ただ古い記憶なので、契約書を作り直したことがあるかなんて、
覚えがありません。

管理人は、アコムやプロミスからも借りていて、そちらでは契約更改をしたことがあったようななかったような気もするのですが、武富士に至ってはまったく記憶がありません。

しょうがないので、武富士に電話をして、契約書を作り直しているのであれば、それを送付してもらいたいと本社(取引履歴を取るのに連絡をした部署)に電話をしてみることにしました

管理人 「過払い請求の訴訟をしているものですが。」

武富士 「担当に替わりますので、少々お待ちください。」

ここで担当が替わりました。まず本人確認の質問に答えます。

武富士 「○○さん、どういったご用件ですか?和解したいんですか?」

言い方がすごく高飛車な武富士の担当。感情的な判断なんてしちゃいけないんだろうけど、この時、絶対に和解はしない!と誓いました。

それはさておき、

管理人 「今までに契約書を作り直したことがあるのか、その日付が知りたい。そして契約書を再作成しているのであれば、コピーをもらいたい。」

武富士 「分かりました。すぐには分からないので確認して対応させてもらいます。」

武富士 「また裁判所の方へも送っておきます。」

管理人 「よろしくです。」

といった感じで、あっさり終わりました。

ちなみに第二回の口頭弁論まで二週間ほどあったのですが、結局、管理人のところにも裁判所にも契約書のコピーが送られてくることはありませんでした