実録!過払い請求

プロミスに過払い請求をしたときの記録です。他社で過払い請求の裁判も経験しているので、一つ一つの手続きが流れ作業のように感じました。

プロミスを相手に過払い請求

プロミスからお金を借りていたのは、10代最後の年からだったと思います。ちょうど独り暮らしを始めて、仕送りが底をついたときバイトを始めたのですが給料日までにお金が持たなかったことがきっかけです。

家賃も払わなきゃならないし、ご飯も食べたい。
現金こそが全て!と思っていたので、クレジットカードは持っていませんでした。そこで、一時しのぎのつもりで借りたのがプロミスです。

ちょっと余裕をみて10万円程借りたいと申込書に記入し、審査にかけてもらったところ利用限度額は20万円。「使わなくても良いですけど、ここまでは借りれますよ。」と受付のお姉さんが説明してくれました。

けど、お金を借りることに抵抗があったので10万円だけ借りて、給料日には返そうと思っていましたが、バイト代が予定より少なく8万円程。
2万円は翌月返済すれば良いか・・・と妥協しました。

けど、翌月バイトの給料日前になるとやっぱりお金が足りない。
そこでプロミスで借りて・・・バイト代で返済。
また借りて、返済ということを繰り返していたら、電話があって「利用限度額が増やせますがどうですか?一応、増やしておきませんか?」って。

まぁ増やすだけならと思っていたのですが、友達と飲みに行ったりパチンコで負けたときとかに引き出したりして気が付けば利用限度額いっぱいの50万円まで借りていました。ここまでくるとバイト代で一括なんて到底ムリですし、返済をしたら、すぐに借りるという形で、ずっと利用限度額いっぱいで借りていました。

転機となったのは就いていた仕事を辞めるとき。
退職金というかで60万円ほどもらいました。
この時、プロミスとは7年半ほどの付き合いだったと思いますが、
一括返済をしてお付き合いは終わりになりました。

その後、過払い請求をすることになっていくのです。

こちらのブログでもプロミスへの過払い請求をしたときの記録が紹介されています

>>>> 忘れていたプロミスの存在
完済してから何年が経っていたんだろう?
すっかり忘れていたプロミス。付き合いは7年ほどあったし、完済しているから間違いなく過払いになっている。さて、ここからも過払い金を取り戻すか!
>>>> 取引履歴がきたので引き直し計算
プロミスから送られてきた取引履歴を使って引き直し計算をしました。
使ったのは「外山式」とよばれるもの。過払い金は約30万円。
返還請求書を送るのと同時に訴訟の準備も始めました。
>>>> 過払い請求の裁判の準備
このサイトにも訴状のテンプレートなどを公開していますが、当時も書籍やネットで自分なりに調べて作成しました。間違っているところは裁判所の係の人に指摘されましたが、修正個所を教えてもらったりして、無事、受理してもらえました。
>>>> 予想外の和解案の提示
訴訟に向けて準備をしていたところ、プロミスの担当者から電話があった。
まさかの和解案の提示。その条件とは・・・。
>>>> プロミスから過払い金の返還
約束の支払日にちゃんと和解金が振り込まれていました。
訴訟に進むことなく過払い金をほぼ満額取り戻せたのは良かったです。