実録!過払い請求

取引履歴を貸金業者に開示するよう電話や書面で請求します。貸金業者には開示義務があるので必ず取引履歴を出してくれます。

過払い請求は、取引履歴の開示請求から始まります。

取引履歴とは、あなたがキャッシング会社といつ契約をしたのか、そして、いつ借りて、いつ返したのかという現在に至るまでの個々の取引を記録したものになります。

ATMで返済をしてきたのであれば、返済状況を記録した用紙が最後に出てきていたと思いますが、 この紙を全て保管しているなんて人はいないと思います。

そこで、記録を保管しているキャッシング業者に取引履歴を出してほしいと請求するのです。

今後、過払い請求に使われる、つまりキャッシング会社にしてみれば自分たちが不利になる情報が取引履歴なのですが、 個人情報保護法によって保有している取引履歴の開示義務を負っていますし、 これに反して開示を拒むと営業停止処分や貸金業の登録を取り消されることもある厳しいものですので、出さざるを得ない状況でもあるのです。

取引履歴の開示請求方法について

開示請求については、統一された方法があるわけではなく、あなたが借入を行っている業者によって方法が異なります

基本的には、

  • 開示請求書を送付する
  • 専門窓口に電話をする

という形となります。

どちらの方法を取るのかは、あなたが利用しているキャッシング会社のホームページを確認してみてください。

ちなみに管理人が過払い請求をしたことのある武富士、アコム、プロミスの3社は専用の窓口への電話連絡で「取引履歴を出してほしい」というだけで、郵送してくれました。