実録!過払い請求

数万円にもなる訴訟費用もきっちり貸金業者に請求する方法をこのページで説明しています。

訴訟費用も請求して、はじめて過払い請求が終わる

過払い請求で判決をもらうところまで頑張った人は訴訟費用も請求することができます。(和解の場合、だいたいが双方負担なので請求できない)

訴訟費用として請求できるものとして以下のものがあります。

  • 訴えの提起の費用
  • 訴状などの作成費用
  • 代表者事項証明書の取得費用
  • 収入印紙
  • 予納郵券代(切手代)
  • 裁判所に行った日の日当

こまかな費用の請求ないようについては下記サイトで詳しく載っています。
>>> 請求できる訴訟費用の内訳について

なにより大きいのが裁判所に行った日の日当も請求できることですね。
1回あたり約4,000円と非常に大きいですね。

裁判自体はたった5分程度で終わるのに4,000円がもらえる。
和解じゃなく判決をもらって良かったと思うところです。

全部あわせて2〜5万円という人が多いと思いますが、きっちりと回収したいところです。

この訴訟費用を回収するためには最初に裁判をした裁判所に行って、金額を確認する必要があります。「最初に・・・」と言ったのは控訴されて地裁で裁判をした人でも訴訟費用の確定のためには最初で裁判をした簡裁で確認することになるからです。

過払い請求の裁判が終わったのに、また裁判所に行くのか・・・と思う人もいるかもしれませんが、それで数万円回収できるので頑張りましょう。