実録!過払い請求

和解や判決で決着がついた後、気になるのは過払い金がいつ自分の口座に振り込まれるのかということですね。

過払い金の返還時期について

和解の場合、過払い金の振込時期・返済回数はお互いの話し合いの中で決まります。大手貸金業者なら1〜3ヶ月後中小の会社だと3〜6ヶ月後、分割払いで・・・などあまり好ましくない提案をされることもあるようです。

判決をもらった場合、すぐにでも振り込まれると思っている人が多いようですが、多くは1〜2ヶ月後に振り込まれるようです。
そんなに待てない!という人もいるかもしれませんが、仮に強制執行をするにしても2ヶ月くらいの期間が必要になりますので、相対的に考えると、それほど遅い時期でもないのです。

弁護士に依頼している人の過払い金が戻ってくるのは?

弁護士や司法書士に頼まれている方の返還時期はもう少し後になります。それは貸金業者から、直接、あなたの口座へ振り込まれるのではないからです。

一度、法律家の口座へ入金され、そこで過払い金返還請求の報酬や実費などの費用が引かれ、残りがあなたの口座へ振り込まれるのです。

どうしても事務処理の時間がかかりますので貸金業者から事務所に過払い金の返還があった日から2週間〜1ヶ月後になることもあるようです。考えてもみれば中には1ヶ月間でで何百人〜の過払い請求をしている事務所もあります。あなただけの対応をしているのではないのですから時期が遅くなっても仕方がないのかもしれませんね。