実録!過払い請求

約8年間お金を借りていたレイクへ過払い請求をしました。残債があったのですが引き直し計算をしたところ過払い金が発生していたのでおまとめローンを活用しました。

レイクへ過払い金の返還請求をしました。

レイクを利用していたのは2001年5月〜2009年9月までの約8年4ヶ月

今、レイクは新生銀行グループになっていますが、初めてお金を借りた当時は別の会社名でした。GEコンシューマーファイナンスだったかな?

当時のテレビCMといえば、「ほのぼのローン♪ ほのぼのレイク♪」
現在、30代以上の方は、結構、耳にしたのではないでしょうか。

お金を借りた理由は、給料日の直前に会社の先輩にのみに誘われたこと。お金がないから飲みに行けないとも言えなかったし、すぐに給料日がくるからなんとかなるだろうと、ちょっとだけつまんだのが運の尽き。
ちょっとだけつまんだつもりが、向こうにガッチリつかまれてました。

返済し終わったのは2009年9月です。
完済のきっかけは これは過払い請求のことを知って、自分にも過払い金があるのではないか?と思ったこと。ただ当時は残債が21万円あり、その状況で過払い請求をするとブラックリストに載ってしまうので、おまとめローン・借り換えを利用しての完済です。

自分の取引年数(約8年半)だと、間違いなく数十万円の過払い金があるはず! そう思って取引履歴の開示請求から始めました。

>>>> レイクからの借金と完済について
初めての借金から完済、そして過払い請求に至るまでの経緯を書きつづっています。何度か会社が変わっていますが、現在は新生フィナンシャル株式会社に対して行う形になります。
>>>> 取引履歴を取り寄せて、引き直し計算
レイクから取引履歴を取り寄せて引き直し計算をしてみたところ・・・
自分が予想していた以上の過払い金があることが判明。
俄然、やる気がわいてきました!!
>>>> 和解交渉をするも条件があわず、過払い請求の裁判へと
過払い金の返還請求書をレイクへ送付。
1週間ほど経ったところで和解交渉の電話をしてみたが、レイクが提示する条件をのむことができず、結局、裁判をすることへ。
>>>> レイクの希望により和解に代わる決定で過払い請求の裁判は終了
レイクが提出してきた上申書の中身は驚きの内容。
こちらの主張があっさり通った形ですね。
約束の日に解決金が振り込まれて、無事、過払い請求が終了しました。