実録!過払い請求

信用情報機関に登録されることはなくなりましたが各会社が、過払い請求をした人を社内ブラックとして扱うことは禁止されていないので影響がでることも否定できません。

過払い請求をすると社内ブラック扱いになることもある

過払い請求をしてもブラックリストに載らない。

それはもう当たり前のこととして捉えられていると思います。

ブラックリストに載るとクレジットカードやカードローンの入会審査で落とされたりや途上与信で利用限度額の引き下げやカードの利用停止につながるなど大きな影響があります。

ですから、過払い請求をしてもブラックリストに載らないと言うことは過払い請求をする人の立場からすると大きなメリットです。

しかし信用情報機関に登録されなくなったからと言って素直に喜べない点もあります。

それは社内ブラックという扱いをする貸金業者もいるからです。

通常のブラックリストというのは信用情報機関に長期にわたる延滞や債務整理などをしたことが記録されることを指します。

社内ブラックは、信用情報機関ではなくその会社が独自に持っている顧客データに長期の延滞や債務整理の記録を登録することを指しています。過払い請求をしたことも顧客データの一つとして登録しているのです。

過払い請求をしてもブラックリストに載らなくなったのはあくまでも信用情報機関に登録されなくなったと言うだけですから、貸金業者が独自で持っている顧客データにどのような情報を登録していたとしても問題にはなりません。

また厄介なのは信用情報機関と違い登録されたデータの保有期間が決められていないことです。ですから一度ブラックになってしまうと永久ブラックとして扱われることも否定できません。

社内ブラックの影響とは?

社内ブラックという名前がついている通り、その会社や関連会社にクレジットカードの発行やカードローンの申込みをしたとしても過払い請求をしたことがあるということで審査落ちとなることもあるでしょう。

また厄介なのは、社内ブラックとして登録されたのが大手の貸金業者の場合です。大手の貸金業者は他の金融機関の保証会社となっていることもあります。

となると、過払い請求をした人に対しては保証をしないということも考えられます。そうなると当然審査落ちにつながります。

もちろん過払い請求をしたことが顧客データとして登録されたからと言って必ずしも悪影響があるとも限りません。

信販会社などは過払い請求をしたとしてもブラック扱いにせず、今まで通りカードが使えると言うところも少なくありません。

社内ブラックはブラックリストと同じような影響があるのですが、その影響を行使するかは貸金業者次第というのが実情です。