実録!過払い請求

メリットばかりが語られる過払い請求ですが、このページではデメリットについても触れておこうと思います。とは言え、それほど大きなデメリットなんて・・・。

過払い請求にデメリットなんてあるの?

過払い請求をすることのデメリットなんてあるのでしょうか?

弁護士や司法書士のホームページには、

  • 自分でやると時間がかかる
  • 法律の知識が必要になるので大変だ

などのコトバが並んでいます。

でも、これはデメリットではないと思うんですよね。
確かに『面倒』なことであることには違いないのですが、それを乗り越えることで何十万円、人によっては百万円単位でお金を取り戻すことができるのですから。

それに「時間がかかる」と言っても法律家に頼めばすぐに過払い金が戻ってくるのかというと大して差はありません。結局、裁判に持ち込んでそこで和解や判決といった流れになるのですから。

「裁判に出る」、「法律知識が必要」っていうことも、大げさに言うことではないと思います。YAHOOやGoogleで「過払い請求 ブログ」などで検索すると分かりますが、法律家でなくとも自分で過払い請求をしている人なんてたくさんいます。むしろ法律家に依頼しなくてもできる簡単な手続きではないでしょうか。

もし過払い請求のデメリットがあるとすれば、『お金を借りることができなくなる』こともある・・・ということです。

なぜ?と思われる人もいるでしょう。
実際、数年前からは過払い請求をしてもブラックリストに載ることはなくなっているのですから。
※詳しくは、『過払い請求をするとブラックリストに載るのですか?』のページを読んでください。

それなのに、なぜ借りることができなくなるのか?

答えは、『社内ブラック』があるから。

過払い金の返還請求は確かに債務者の権利の一つです。
しかし貸金業者の立場からしてみれば、「お金を取られた」となるでしょう。
そして、そのようなことをした人とは二度と取引はしないと。

その会社からだけ借り入れができないだけで別の会社から借りるから、気にしないよという人がいるかもしれませんが、他の会社からも借り入れができなくなるかもしれません。

例えば、アコム。

アコムは三菱東京UFJ銀行カードローンなど他の金融機関が行う融資の保障業務を行っているので、過払い請求をすると保証を断られる可能性もあると考えられる。

アコムに過払い請求をすると、アコムから借り入れができなくなるでしょうし、アコムが保証会社としてかかわっているところからも借り入れができなくなる可能性があります。

過払い請求をすることのデメリットとして考えられるのは、
これくらいではないでしょうか 。

まぁ、過払い金を取り戻した後は、借金などせず生活できれば一番良いと思うのですが・・・。