実録!過払い請求

利息制限法とは、金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約及び賠償額の予定について、利率の観点から制限を加えた法律で「利限法」とも呼ばれる。

利息制限法とは?

貸金業者が貸付を行う際の上限金利を定めた法律です。
※略称として「利限法」とも呼ばれています。

この利息制限法の第一条で下記の利率で計算した金額を超える超過部分は無効とする、と利息の上限が定められています。

元本が10万円未満の場合 年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合 年18%
元本が100万円異常の場合 年15%

多くの貸金業者は、この利息制限法を超える金利で営業を行っていた。
この利息制限法で認められているみなし弁済をたてにしていたが、裁判ではみなし弁済の要件が厳格に解釈されるようになり、成立はほとんど認められなくなっています。

結果、平成19年頃より貸金業者に対する過払い請求が相次いで起こされています。

過払い請求に関連する用語集
悪意の受益者 みなし弁済
グレーゾーン金利 貸金業法
利息制限法 出資法
準備書面 答弁書
一連取引 総量規制