実録!過払い請求

過払い金に利息をつけて請求できるのか、また利息はどのくらいの金利を請求することができるのか、解説しています。

過払い金に利息をつけて請求することができる?

利息をつけて請求できます。

過払い請求をする際には過払い金の元金だけでなく、利息をつけて請求することができます。

これは、民法704条で「悪意の受益者は、その受けた利益に利息を付して返還しなければならない。この場合において、なお損害があるときは、その賠償の責任を負う。」と決められています。

利息をつけて請求することができますが、任意の金利というわけではありません。

平成19年2月13日の最高裁判所の判断として、民法所定の5%(民法404条)とするというものがあります。5%の利息とはいえ、過払い金が発生した時点から利息が発生するので、取引年数の長い人だと利息だけでもかなり高額になることでしょう。

まとめですが、

  • 過払い金+5%の利息

が、キャッシング会社に請求できる金額となります。