実録!過払い請求

過払い金が発生する目安となる条件について説明しています。正確な金額を知るためには引き直し計算が必要です。

過払い金が発生する目安は?

  • 6年以上、借入、返済を繰り返している方
  • 利息制限法を超えた金利で借入をしていた方

今でこそキャッシング会社の金利は利息制限法にあわせて20%以下となっていますが、以前は20%を超え出資法の上限金利である29.2%に近いものでした。

この状態で、6年以上の取り引きがある方は過払い金が発生している可能性が非常に高いです。とくに「返しては借りる」という自転車操業に近い人だと、より過払い金が発生していると考えられます。

この条件はあくまで、目安であり、実際の過払い金の有無については、
引き直し計算(利息制限法に基づく利息計算)をして確認する
必要があります。

キャッシングを利用している中で利用限度額が変わるなど取り引き状況は各人でことなるからです。
まずは取引履歴を取得して引き直し計算をしてみましょう。