実録!過払い請求

過払い請求の広告を大量に出している弁護士や司法書士。ところでどちらに頼めば良いの?違いはあるの?

過払い請求を依頼するなら弁護士?司法書士?

一概に、どちら!ということは言えません・・・。
と、ちょっと明確な回答は避けてみました。

ただ過払い請求をするにあたり弁護士と司法書士では大きな違いがあるので、
その点を中心にお話をしたいと思います。

決定的な違いは何か?というと、司法書士には制限があるということです。

弁護士は、法律のプロフェッショナル。
簡裁・地裁・高裁・最高裁、どの裁判所でもあなたに代わって、貸金業者と戦ってくれます。
しかし、司法書士が戦うことができる舞台は、訴額が140万円を超えない簡易裁判所に限られるのです。訴額が140万円以上となる地方裁判所を舞台とする場合は、弁護士でなければ、あなたに代わって訴訟代理人となることができないのです。

この点については、訴額が140万円を超えないという人であれば、どちらを選んでも同じ・・・という気もしますが。ただ簡易裁判所での結果に納得しない貸金業者が上訴した場合、地方裁判所が舞台となり、改めて弁護士に依頼しなければならないということになるかもしれませんね。そういうやっかいな過払い請求をするときには初めから弁護士へ依頼しておくべきだと思います。

また報酬面でもお話をしておきましょう。

弁護士・司法書士のどちらに依頼したとしてもかかる費用はほとんど変わりありません。
ネットでそれぞれの事務所の費用のページを見比べてみてください。

だいたい過払い請求にかかる費用については、

  • 着手金
  • 成功報酬(取り戻した過払い金の15〜20%)

という構成になっているはずです。

ぶっちゃけ、弁護士に依頼しても、司法書士に依頼しても、それ程、費用面で変わることはないと言うことです。そうなると、管理人的には制限なく対応してくれるプロ、弁護士の方が良いのかなぁとも思います。

が、街の法律家を謳っていて、気軽に相談できそうな司法書士と違って、
弁護士さんは敷居が高いって言うか、相談してても威圧されてそうでちょっとね。。。

どちらにしても、メールや電話、実際に相談をしに行ってみて、この人になら頼めると自分自身が信頼できる先生に頼むべきですね。

過払い金を取り戻す、借金生活からサヨナラするための大事な相談です。
資格やかかる費用で判断するのではなく、対応してくれる人を見て判断してください