実録!過払い請求

引き直し計算は無料でダウンロードできるソフトを利用して行います。電卓を使ってもできるのですが、手間がかかりすぎるので現実的ではありません。

引き直し計算はどのようにすれば良いですか?

無料でダウンロードできるソフトを使うか、代行業者に依頼しましょう。

取引履歴をもとに引き直し計算を自分でする場合には、無料でダウンロードできるソフトを使用することをオススメします。
もちろん電卓さえあれば、コツコツやっていくこともできなくはないのですが、大変な作業量になってしまいます。

ここは、数字だけ入力すれば自動で計算してくれるソフトを使わない手はないでしょう。

最後のTDONが配布しているソフトは有料ソフトなのですが、試用期間が7日間ついているのですが、印刷機能が制限されているので意味なしです。

代行業者に頼む場合は、2,000〜3,000円が費用としてかかります。
どこの業者に頼んでも、出てくる結果は同じなので安いところに頼めばよいのではないでしょうか?地方の業者の方が人件費が安い分、値段設定も安いと思います。

都会の業者でも良いですが、弁護士・司法書士事務所からの大量案件のみ対応(個人からは受け付けない)というところもありますので、詳しくはホームページを見てみると良いです。