実録!過払い請求

過払い請求を依頼する際、弁護士と司法書士との違いについて。

過払い請求を依頼する際、弁護士と司法書士との違いは何?

司法書士と聞けば登記業務がメインでありましたが、2003年の法改正によって簡易裁判所での訴訟代理権も認められたため債務整理をメインの仕事にする司法書士も増えました。

どちらも法律家であることには変わりませんので、どちらに依頼しても良いのですが、二点、注意が必要です。

一つめは、借金の額が140万円以下なのか、それ以上なのかと言うことです。

司法書士に認められている簡易裁判所での訴訟代理権は、140万円以下の場合と決められています。
そして、この140万円という金額ですが、キャッシング会社1社あたり140万円というのではなく、借金の総額が140万円以下の場合なのです。

借金の総額が140万円以上の場合、司法書士には代理権が認められませんので、裁判前の和解で過払い金を取り戻せることができればよいのですが、訴訟になった場合には依頼者が裁判に出席しなければならなくなります

二つめは、司法書士に認められる訴訟代理権は「簡易裁判所」に限られていることです。

第一審で勝訴したとしても、キャッシング会社が控訴した場合、控訴審は地方裁判所に移りますので、司法書士が出廷することができず、この場合も依頼者自身が裁判に出席しなければなりません。

このような制限があることを頭に入れて、司法書士に依頼してください。

ちなみに弁護士は、全ての法律の専門家ですから、この様な制限は一切ありません

また司法書士と弁護士との料金の違いですが、過払い請求の成功報酬は、どちらに依頼したとしても「取り戻した過払い金の2割」が相場です。