実録!過払い請求

武富士から過払い金が返還される時期は、更生計画案の決定を受けてからなので平成23年後半となると言われています。

過払い金は全額返してもらえるのですか?

大幅に減額されることが予想されます

まず平成22年10月5日に開かれた債権者向け説明会においても過払い金の返還は大幅に減額される可能性があることを保全管理人の弁護士が説明しています。

それもそのはず、過払い金の返還請求をすることができる権利のある人(※1)は、最大で200万人強と言われており、その金額も2兆円を超えると言われているのですから。
※1:既に完済している人でも最終取引が10年以内であれば、武富士へ過払い請求をすることができます。そういう潜在的な人も含めて最大200万人強ということです。

ただ平成23年2月28日迄に武富士に債権の届出をしなければならないのですが、200万人全員が行うわけではないでしょうから、債権者はかなりの数減るでしょう。

どこかの雑誌で読んだのですが、武富士の債権カット率は60〜80%ではないかと言われているそうです。管理人の場合に置き換えると、約90万円の債権がありますが、取り戻せるのは約18万円〜36万円ということになりそうです。

ここで他社のお話も例に出しておきたいと思います。
アエルという会社(旧日立信販)の場合ですが、同様に会社更生法が適用されました。
この時の債権のカット率95%というものでした。
つまり回収できるのは、5%だけです。

またクレディアの場合は、債権の60%カットで、40%が一括で弁済されるというものでした。
ただ30万円以下の債権については一括で全額弁済されるという優遇された条件であり、アエルの場合と違い、過払い問題に配慮されていました。

会社更生法の決定を受けた武富士に関する質問の一覧
Question01 - 武富士への残債はどうなるの?
Question02 - 過払い金はいつごろ戻ってくるの?
Question03 - 過払い金は全額取り戻すことができるの?
Question04 - 過払い金はいくら戻ってくるのですか?
Question05 - 債権の届出とは?