実録!過払い請求

アイフルとの控訴審も簡裁の時と同じように簡単な質問だけで終わりました。時間にすると10分もかかっていないくらいです。

あっさりと終わったアイフルとの控訴審

アイフルとの控訴審 2012年(平成24年)4月13日

この頃には裁判所に行くのは3回目なので、だいぶ慣れていました
ですが、この日の前日から風邪を引いていて、熱が39度近くあったのでちょっとしんどかったです。(インフルエンザの検査は大丈夫でした。)

遅れるとまずいのでちょっと早めに着くように裁判所へ向かっていたら、20分早く自分の裁判がある法廷へ着きました。

法廷の扉には、この法廷で行われる本日の裁判の順番が張り紙してあって、自分は3番目でした。それを確認して法廷の傍聴席に入ろうとしたら、どこも鍵がかかっていて入れませんでしたので、法廷の前で待っていました。

廊下で待っていると、法廷の中から9時55分過ぎに係りの人が鍵を開けて出てきました。

その時点で、自分の他に1人だけ来ていて、どうやら自分の前に裁判する人らしく、出てきた係員と話をしていました。

傍聴席に入り、第1回口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状と身分証明書(免許証)を係りの人に渡しました。誰が来ているのかチェックをして、第1回口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状と身分証明書(免許証)を返してくれました。

しばらくして、裁判官や書記官の人が入ってきました。
法廷内の空気が変わったのを係りの人の雰囲気で感じました。
その係りの人が『起立』と掛け声をしたのでその場に立ちました。

その後に、『礼』と掛け声をするのかと待っていたら、そんなことはなくみんな座りだしたので、自分もゆっくりまわりを確認しながらそっと座った。

自分の裁判は3番目でしたので、傍聴席で順番を待っていました。
自分の前に1人だけ来ていて、自分と同じ過払い請求の控訴審の裁判でした。

この方の裁判を傍聴した時、いろんなことを感じました。
>>> 他の人の裁判の内容と感想はこちら

この方の裁判が10分かからないぐらいで終わり、自分の番が回って係りの人に被告席へと案内されました。

裁判官が、自分が提出した答弁書の内容にちょっとした間違いがあり、口頭で教えてくれました。

それから、裁判官が資料を見ながら質問しました。

(以下の会話は、裁判官は『裁』、アイフルは『ア』、私は『私』です。)

裁「控訴人、いくらまでは用意してますか?」
ア「担保の18万までは用意してあります。」
裁「いつまでにそれは支払えますか?」
ア「2ヵ月後になります。」

裁「被告人、減額については?」
私「正直、今まで時間も使ってここまでしてきているので減額は・・・」

裁「控訴人、何かありますか?」
ア「いえ・・・」

裁「では、判決は6月よ・かの13時10で・・・」
私「すいません。6月よっかですか?ようか、八日ですか?」
裁「6月8日の13時10分です。来なくていいです。郵送で判決内容を送ります。」
私「わかりました。」

これだけのやり取りだけで、10分も経たずに終わりました

終わって裁判所を出て最寄駅に歩いて向かっているときに、アイフル側にいた人を見かけました。社員さんなんでしょうね。自分の前の控訴審のアイフル側にいた人もこの人でした。自分の前の控訴審の内容や、この人も『仕事でしているのか』と思うと、勝手な憶測ですが、なぜアイフルがここまでするのかなど感じるものがありました。