実録!過払い請求

判決に納得がいかないとしてアイフルが控訴してきた。

アイフルがまさかの控訴

判決が出てから2週間ぐらいたった2012年(平成24年)2月16日、またまた裁判所から郵便物が届いていましたが、不在で受け取れなかった。

「内容は何かなぁ」と思いながら、なかなか受け取れず、受け取れたのが2012年(平成24年)2月19日でした。

内容がずっと気になっていたので封筒を開けて確認すると、強制執行停止決定と書かれた書面で、なんと2012年(平成24年)2月14日付けでアイフルが判決内容に対して不服と強制執行は停止だという申し立てをした。裁判所もその申し立てに対して、18万円の担保を立てさせて控訴を認めるという内容でした。

この頃、管理人さんはとても忙しく会うことができませんでしたので、電話で相談しました。控訴されたと伝えたら、

「やっぱりしてきたか。もう一度裁判だね。でも大丈夫だよ。」

とのことでした。

私は、

『また裁判なのか、控訴とかされて大丈夫なのかなぁ。どうなるんだろう。』

と思っていました。