実録!過払い請求

初めての裁判の日を間近にアコムからの答弁書が郵送されてきました。

アコムからの答弁書。初めて見た、その中身に正直焦る。。

初めての裁判を迎える数日前。裁判所から郵便物が届いていました
中に入っていたのはアコムからの答弁書。
答弁書とは、こちらが出した訴状に対する反論が書かれた書面です。


第1 請求の趣旨に対する答弁

   1.原告の請求を棄却する
   2.訴訟費用は原告の負担とする。
     との判決を求める。

第2 請求の原因に対する認否
    追って反論する


この書面を受け取ったときには、正直、焦りました。
上記の記述以外にも何枚かアコムの主張が書かれていて、

  • それに対して、どう答えて良いのだろう?
  • 全面対決になるのだろうか?

など、分からないことだらけで不安になったからです。
どのホームページやサイトを見ても、素人でもできると書いています。
それだけにこちらの主張が簡単に認められる=相手は反論してこないと思っていたから、余計、そう思ったのかもしれません。

初めて答弁書を見た人ならきっと不安に思うはずです。

  • 棄却を求める
  • 否認する

などと、こちらを不安にさせるようなコトバが並んでるのですから。

それでも裁判の日まで、もう日がありません。
とりあえずいろいろ調べたところ、裁判官に何か聞かれたら「次回までに回答します。」と答えたら良いというアドバイスを見つけたので、それを実践することにしました。要は問題の先送りですね。

それでも何かしらの対応方法が見つかっただけ、
安心して裁判の日を迎えることができたように思います。